So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2011年12月 |2012年01月 ブログトップ

【少年野球~社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム 坂本 憲一 [ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム]

ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

【少年野球~社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム


愛称「ジョニー」でロッテファンならずとも多くの野球ファンに親しまれている。1995年千葉ロッテマリーンズ入団。1年目から小宮山、伊良部等とともにローテーションの一角として活躍。

その後、最多勝、最優秀勝率等数々の賞を獲得し、リーグ、そして球界を代表する投手となり日本代表としてシドニー五輪にも出場。2001年から怪我に悩まされつづけるも、2005年に執念の復帰を果たし、2勝をあげチームも31年ぶりの日本一を達成!

しかし、2007年10月戦力外通告を受け、惜しまれながらも同年12月に現役引退を発表。

現在、ニッポン放送、 BS12 Twellv において野球解説を勤める傍ら、「ジョニープロジェクト」を立ち上げ、自らを育ててくれた「野球」のさらなる発展、普及活動に力を入れている。

1995
千葉ロッテマリーンズ ドラフト2位 入団

1998
最多勝、最高勝率 / オールスター出場

1999
オールスター出場

2000
9月月間 MVP受賞 / シドニー五輪日本代表

2001
5月月間 MVP受賞

初登板
95年4月6日 対ダイエー(千葉マリン)

初勝利
(初完投・初完封) 95年6月30日 対日本ハム (東京ドーム)

1000投球回
2000年9月13日

はじめまして、元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏です。
現役時代から「ジョニー」の愛称で親しまれていたので
ジョニーと言った方がピンと来るかもしれませんね。

わたしは2007年に現役を引退してから「ジョニープロジェクト」と称し、日本各地においてピッチングトレーニングを少年野球の子供から社会人にわたしが現役時代で培ってきたノウハウを伝えているのですが、その活動を通してはっきりと言い切れる事があります。

ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

一般的に球速アップに必要と言われているのは



です。
このトレーニングの目的は速い球を投げる為に必要な筋肉をつける事なのですが、一生懸命走り込んだり、重いダンベルを担いで筋肉をつけたとしても、それが必ずしも球速アップに繋がるワケでは御座いません。


少し考えてみましょう。
筋肉を付ければ球速が上がるのならば、ボディビルダーやプロレスラーの方々は誰でも早い球を投げれるという事になります。でも、実際は違いますよね。


また間違った筋力トレーニングをしてしまうと、固い筋肉になってしまい、投手として大切な柔軟性が失われてしまい、球速アップ所か、逆に球速が落ちてしまう危険性もあります。

【野球 球速アップ】 少年野球、高校野球、大学野球、社会人野球まで実践可能!

【少年野球~社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

【少年野球~社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム

もう少し突っ込んで話をすると、筋力とレーニングや走り込みは野球以外のスポーツでも行われている事ですし、野球においても特別投手だけのメニューではなく、野手にも必須の練習内容です。
野球練習法

つまり、走り込みや筋力トレーニングは早い球を投げる為の
前提部分であり、球速アップに直接関わっていないという事です。


>>更に詳しい内容はこちらから





共通テーマ:スポーツ

-|2011年12月 |2012年01月 ブログトップ
ゴルフ上達法 バドミントン上達法 ダーツ上達

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。